■両輪タイムス
 創刊号
 第2号
 
 
住民参加型計画作成手法に関する研修会
(ワークショップのシナリオ作成研修)の開催について
 


現在、地方自治体等の地域計画づくりの現場では、「ワークショップ」等住民参加型計画作成の手法が多く用いられています。住民参加型計画作成の手法は、各地域の特性を活かした個性ある自立的な地域振興に向けた計画を作成するため、地域住民の意向を計画に反映させる非常に有効な方法と考えられます。
本財団では、自治体等行政の農村計画担当者はもとより、地域づくり全般に関わる現場の方々を対象に、住民参加型計画作成手法の技術(特にワークショップのシナリオ作成技術)の習得を目的とした研修会を毎年開催しています。



■平成26年度住民参加型計画作成手法に関する研修会の休止について

 本財団で主催しております「住民参加型計画作成手法に関する研修会(ワークショッ プのシナリオ作成研修)」につきましては、皆様のご愛顧とご協力のもと毎年2月に 開催してまいりましたが、諸般の事情により平成26年度の研修会を休止することとい たしました。 本年度のご参加について既にお問合せやご検討をいただいていた皆様には、突然のお 知らせとなり大変申し訳ございません。

 次年度以降の実施につきましては、皆様のニーズに応えることができるよう、今後検討してまいりますので、何とぞご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。    

 

■平成25年度住民参加型計画作成手法に関する研修会

 →終了しました(平成26年2月17日(月)〜2月19日(水))

  ※開催の様子

ワークショップ研修修了生コミュニケーションペーパー「両輪タイムズ」 創刊号



 

 


■講師の紹介

   小 野 邦 雄 (おの くにお)氏  地域プランナー 
     
      (有)ナウスジーアシステム研究所代表、当財団客員研究員
      
      主な経歴:東京工業大社会工学科卒業。
             東京工業大学建築学科助手、(株)農村・都市計画研究所等を経て
             現在
、(有)ナウスジーアシステム研究所代表。
      
       1981年の塩尻市集落計画策定以来、参加型地域づくりを各地で実践。最近は市       町村職員、地方のコンサルタント会社社員へのWS手法教育に力を入れている。



■お問い合わせ

    一般財団法人農村開発企画委員会 (03−3297−5641 担当:林) 

 
研究の成果 | 財団について | 美の里づくりコンクール | 食アメニティ・コンテスト | リンク