コンクールについて
応募方法など
活動イメージ
審査委員
第2回表彰事例

 

 
ア 生産・活動による景観形成
農村地域の大勢を占める農用地において、健全な生産活動を行うことで、また、地域の風土に適合した生活様式を営むことによって、美しい農村景観を形成しています。
 
畑の縞模様が独特の景観を生む   高原に広がるソバ畑
イ 土地利用の一体感
農用地、山林、緑、集落などが、適正な土地利用のもとに調和し、一体感を生むことで、美しい農村景観を形成しています。
 
屋敷林に囲まれた散居集落と水田   なだらかな丘陵地に広がるぶどう畑
ウ 地域間交流の活用
他地域との活発な交流により、美しい農村景観を形成しています。
 
都市住民も一緒に収穫   交流による棚田の保全
エ 緑の保全
緑地、森林や平地林、屋敷林、神社林、並木、生垣、花壇などの、特徴のある身近な緑を積極的に保全しています。
 
家のまわりを花で飾り付け   住民自ら地域の緑の保全
オ 水の活用
農村風景の線的な要素である河川、用排水路、集落内の水路、また点的な要素であるため池などの「水」の要素を活用し、美しい農村景観を形成しています。
 
集落の景観の一部となっている水路   他では見られない地域特有の用水路
カ 伝統的・歴史的な資源の保全
現在まで農村の生産や生活に生き続ける伝統的、歴史的景観資源を保全することによって、美しい農村景観を形成しています。
 
今も残る昔ながらの水車小屋   地域で大切に守る伝統の踊り
 
 
研究の成果 | 財団について | 美の里づくりコンクール | 食アメニティ・コンテスト | リンク