平成20年度フォーラムのご案内
平成19年度フォーラムの様子
 
 
 
平成20年度
「“農”が育む景観とふるさとづくり〜景観づくり・計画づくりのプロセスを考える〜
フォーラムの御案内
 
                            フォーラムのお申込→   FAX   メール

  本財団は、農林水産省と「田園景観土地利用推進事業」を実施しており、その一環として普及推進のためにフォーラムを開催いたします。

  農村地域において景観づくりを通じたまちづくりやむらづくりをする例も見られるようになり、そこでは景観法に基づく景観計画や景観農業振興地域整備計画、独自の景観条例や景観協定を活用する場合もあれば、地域の花づくりといった住民レベルでの景観保全形成活動がなされる場合など、その形態は様々です。
  一方で、景観づくりを通じたまちづくりやむらづくりをしたくても、「なにから始めたらよいかわからない」、「どのような順番で進めていけばよいかわからない」など、その手順については地域ごとに試行錯誤しているのが現状です。
  そこで、本フォーラムは「景観づくり・計画づくりのプロセスを考える」をテーマとして、専門家の講演や先進的な地域の取組事例を題材に、幅広く総合的に研修することを目的とします。

  皆様のご参加をお待ち申し上げます。

  参加をご希望される方は、2月23日(月)までに上記の「フォーラム申込書」をプリントアウトしてFAXでお送りいただくか、メールにてお申し込み下さい。


■日時:平成21年2月25日 水曜日 (開場12時30分)13時30分〜17時00分
■場所:中央大学駿河台記念館281号室
        →URL:http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/access/access_surugadai_j.html
         〒101-0062東京都千代田区神田駿河台3-11-5
         TEL 03-3292-3111(記念館事務室)
          JR中央・総武線 御茶ノ水駅下車、徒歩3分
          東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅下車、徒歩6分
          東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅下車(B1出口)、徒歩3分
          都営地下鉄新宿線 小川町駅下車(B5出口)、徒歩5分
■定員:300名(先着順により受付)
■参加費、資料代等:無 料

■講演内容
   ●開会挨拶(13:30)
     農林水産省農村振興局農村政策部農村計画課 三浦正充
   ●講 演(13:40〜14:40)
     「景観づくり・計画づくりのプロセス」
          (小野邦雄 (有)ナウスジーアシステム研究所 所長)
   ●各地の景観づくりとそのプロセスの紹介(14:50〜15:50)
     1.山形県での景観づくり活動について
         (高橋信博 山形県農林水産部農村計画課)
     2.長野県高山村での景観計画の策定について
         (久保田勝士 長野県高山村 村長)
     3.滋賀県近江八幡市での景観農業振興地域整備計画の策定について
         (今井豊 滋賀県近江八幡市農村振興課)
   ●パネルディスカッション「景観づくり・計画づくりのプロセス」(15:50〜17:00)
     小野邦雄 (有)ナウスジーアシステム研究所 所長
     高橋信博 山形県農林水産部農村計画課
     久保田勝士 長野県高山村 村長
     今井豊 滋賀県近江八幡市農村振興課
     コーディネーター:落合基継 (財)農村開発企画委員会 主任研究員

■その他  本研修会は、農業土木技術者継続教育プログラムとして認定を受ける予定です。農
         業土木技術者継続機構に加入の方は申し込みの際に、氏名欄に会員番号もご記入
         ください。

■この件についてのお問い合わせは、
     (財)農村開発企画委員会 担当:落合
     TEL:03−3297−5641 FAX:03−3297−5543






 
研究の成果 | 財団について | 美の里づくりコンクール | 食アメニティ・コンテスト | リンク